So-net無料ブログ作成

『2017年土木資材マーケティング便覧』 [住まい・不動産関連情報]

『2017年土木資材マーケティング便覧』を、
総合マーケティングビジネスの富士経済がまとめた。

それによると、
国内の土木資材市場の2016年度実績は、
道路・橋梁・トンネルの各分野の合計で1兆569億円。
各分野とも新設需要は減少しているものの、
更新や補修、
維持の需要が市場をけん引している。
また20年の東京五輪に向け、
街づくりや都市開発プロジェクトの活性化による需要も堅調に推移している。

同調査では今後の見通しとして、
高速道路の大規模な更新需要を背景に、
2020年度までは堅調な伸びが予想されるとしている。
2017年度の見込みは1兆661億円で、
2019年度に1兆1012億円まで市場が拡大したのち、
2020年度には大規模な新設需要の減少などから1兆813億円に縮小する見通しだ。
また注目市場として、
五輪を前に幹線道路の無電柱化が進んでいることから地中埋設電線用保護管のニーズが高まっており、
2016年度の180億円から20年度には270億円(2016年度比150%)と大幅な伸びを見せるという予測になっている。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。