So-net無料ブログ作成

相続税や贈与税の税額算定時の基準となる路線価(2016年分) [住まい・不動産関連情報]

相続税や贈与税の税額算定時の基準となる路線価(2016年分)を、
国税庁が公表した。

全国平均・・・前年比プラス0.2%
 8年ぶりに上昇。
 上昇した都道府県の数は、
 前年比プラス4の14。
 北海道、
 広島県、
 福岡県、
 熊本県がマイナスまたは横ばいからプラスに転じた。
 前年にプラスだった都府県も、
 おおむね上昇幅が拡大している。

都道府県県庁所在都市で最高路線価が上昇したのは、
前年比プラス4の25都市。
このうち、
上昇率が5%以上だった都市が15に上った。
横ばいは17都市、
下落したのは5都市のみだった。
なお国税庁によると、
下落したのが5都市のみだったのは1992年以来。
路線価が上昇局面にあった2008年も、
下落した都市は12に上っていた。

路線価が最も高かったのは、
31年連続となる『東京都中央区銀座5丁目銀座中央通り』、
通称『鳩居堂』前。
1平方メートル当たり3200万円(前年比18.7%上昇)だった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。