So-net無料ブログ作成

2009年度住宅ローン [住まい・不動産関連情報]

2009年度に住宅金融支援機構が取り扱う住宅ローン『フラット35』を利用して新築マンションを購入した男性のうち、
4人に1人以上の割合となる26.7%が単身者だったことが、
住宅金融支援機構の調査によって分かった。

この割合は年々高まっており、
2005年度から2009年度までの推移を見ると、
11.0%→11.8%→12.6%→20.1%→26.7%。
定着感のある『独身女性のマンション購入』だが、
独身男性についても、
今後1つの市場として見ていく必要がありそうだ。

特に30代未満の層の増加が目立つ。
全体の割合が一気に跳ね上がった2008年度(20.1%)を見ると、
2007年度の12.0%から11.6ポイント増の23.6%に上昇。
更に2009年度は13.6ポイント増の37.2%。
同じ年齢層で2から3人世帯が、
79.6%(2007年度)→66.2%(2008年度)→53.3%(2009年度)と減少していることを見ても、
30代未満の単身者の増加割合が見て取れる。

また、
独身男性の利用増に伴い、
全体としても独身者の利用割合が増えている。
2009年度は29.4%で3割に迫る数字。
2005年度との比較では13.6ポイントの増加。

なお、
ここ5年間の独身女性の購入比率は、
40から50%の割合で推移。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。