So-net無料ブログ作成

省エネルギー提案を盛り込んだモデルハウス [住まい・不動産関連情報]

千葉県市川市に省エネルギー提案を盛り込んだモデルハウスを、
アキュラホームがオープンした。
(長期優良住宅に対応する仕様をベースに、
 自然の風や熱を利用する工夫を取り入れた。
 設備面では、
 4.68kWの太陽光発電システムを搭載。)

季節ごとの風の流れをシミュレーションし、
南風を取り入れ北風を防ぐように窓の位置や開閉方向に配慮。
リビングから吹き抜けを通って風を自然排出させるように、
3階のロフトには開放できる天窓を設けた。
また、
夏は涼しく、
冬は暖かい室内にするために、
従来よりも深い軒の出とし、
南側の窓には夏の日射しを遮るためにツル植物によるグリーンカーテンを設置。

更に、
顧客の資金計画や要望に合わせて、
税制や太陽光発電などの補助金制度、
住宅版エコポイント制度などを説明する営業担当者『エコ得アドバイザー』を配置。

アキュラホームは2009年に『住宅・建築物省CO2モデル事業』に採択され、
また埼玉県住宅供給公社が実施する『エコ住まーとプロジェクト』の企画コンペでもアキュラホームが提案する『自然と共生しながらCO2排出を削減する工夫』が採用。
今回のモデル棟は、
これまで取り組んできたエコに対する技術を集大成したものと位置付け。

今期は、
大船(神奈川)、
与野(埼玉)、
練馬(東京)にも同様のコンセプトのモデルハウスを出展。

市川のモデル棟には、
オープンから2日間で予想を上回る86組が来場した。
約7割が市川市在住者。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。