So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

『東京23区の大規模オフィスビル市場動向調査2017』 [住まい・不動産関連情報]

『東京23区の大規模オフィスビル市場動向調査2017』を、
森ビルが発表し、
東京23区の供給量は2018年と2020年に高水準となることが分かった。

同調査によると、
今後5年間(2017~21年)の年平均供給量は103万平米となり、
過去平均並みとなる見込み。
2017年の供給量は73万平米で前年に続いて2年連続で減少し、
低水準となるが、
2018年は140万平米、
2020年は163万平米と高水準となる。
これは、
竣工時期が後ずれした計画となることが主な要因で、
建築費の高騰や事業者と行政との調整により、
竣工時期が遅れるという。